So-net無料ブログ作成

アイムソーリー、ママ [本の感想・紹介]

桐野夏生さん。

久しぶりに夢にまで出てくるお話でした。

生まれてすぐに母親に捨てられ

娼館の片隅と養護施設で育った"アイ子"が

殺人を繰り返して生きていくお話。

自分が捕まらないために

過去に係わった人をどんどん殺してしまう。

最初から最後まで孤独です。

人間って怖いなぁと。

"アイ子"のことではなく、周りの人たちが。

人間って自分と自分の大切な人以外にはどこまでも酷いことができます。

そういう話を書く桐野さんの精神力がすごいなぁと思うのです。

かなり体力を消耗する種類のお話でした。




コンセント 盗聴
高齢者 不眠
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。