So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

犬はいつも足元にいて [本の感想・紹介]

「犬はいつも足元にいて」芥川賞候補に選ばれたらしいです。

共作で候補になるのは初めてだとか。

芥川賞とか直木賞とか、候補になる本はとりあえず気になります。

でも、全部が自分の読みたい本かと言うとそうでもなく。

何度も後悔しているのでついつい口コミを見てしまいます。

読む楽しみはちょっと減ってしまう気がするんですけどね。

で、この「犬はいつも足元にいて」

あたしはきっと読みません。

みなさんの感想を読んでいるだけで気が滅入るというか。

ここまでいい評価のない候補作ってのもどうなんでしょう。

素人にはわからない何かがあるんだろうなとは思うけど

読む人が"すごい"って感じられるほうが説得力があるような気がするんだけどなぁ。




消費者金融会社ランキング
生命保険のシミュレーション
車売りたい 車買取 一括査定
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。